· 

洗濯槽のカビ…許しません!洗濯機「基本のお手入れ」

一年に一度はこれ!

【写真左】タテ型洗濯機用 N-W1A    【写真右】ドラム式洗濯機用 N-W2
【写真左】タテ型洗濯機用 N-W1A    【写真右】ドラム式洗濯機用 N-W2
洗濯機の黒カビ除去に
パナソニックの「槽洗浄クリーナー」を
当店ではオススメしています。


基本的にこの槽クリーナーを
一年に一度お使いください。
黒カビをスッキリきれいに落とします。

一年に一回で大丈夫?


「槽洗浄クリーナー」は

基本的に一年に一度ですが


黒カビ予防のために、

普段のお手入れとして、

毎月一回、衣類用の塩素系漂白剤を使って

槽洗浄をしていただきたいのです。

↑こちらの塩素系のハイターです。
一回に200mlお使いください。

洗濯槽クリーナーと同じ方法で6時間〜12時間かけてキレイにします。
カビ水アカ、臭いの予防ができますよ😊
槽洗浄コースがあればそのコースでお使いください。

※要注意です‼️
間違って、酸素系のワイドハイターを使わないでくださいね!

↑これを使うと、洗濯機の中が泡だらけで大変💦な事になってしまいますので😅👍

 

【パナソニックサイトにも以下の記載がございます↓】

市販の洗濯槽クリーナーやカビ取り洗浄剤での効果は評価を取ってないのでわかりませんが、「台所用塩素系漂白剤」や「酸素系漂白剤」、界面活性剤入りタイプ、塩素系の洗濯槽クリーナーでも高発泡タイプは、泡立ちが多くなり、途中で排水される可能性があるので使用しないことをおすすめします。また、ドラム式洗濯乾燥機には使えない場合があるので、クリーナーを選ぶ際は、利用している洗濯機に対応しているか確認するのも忘れずに。

 

少しめんどうかもしれませんが・・・毎月のお手入れを習慣にしましょう!
「洗濯槽のカビは許しません!!」

【月一槽洗浄】よろしくおねがいします😊

 

【毎日】の黒カビ予防にはちょっとした注意も!

①フタを開けたままにし、乾燥させておく。

洗濯終了後に乾燥運転をしなかった時は、洗濯機の中が濡れた状態になっているため、洗濯が終わった後はしばらく開けておき、乾燥させておきましょう。カビの繁殖を防ぎやすくなります。

②洗濯カゴのように洗濯機の中に衣類を入れたままにしない。

洗濯機のカビ予防のため、洗濯物は洗濯カゴに入れておくようにし、洗濯機の中には、脱いだ衣類などは入れないようにしましょう。

 

※買い替えの際は、洗濯槽の「自動お手入れ」ができるかを、ぜひチェックしてみてください。

 ↓すすぎや脱水のときに自動で洗濯槽をお手入れしてくれる洗濯機はこちら

6月は年に一度! 「パナソニック洗濯槽クリーナーセール」!

タテ型洗濯機用 メーカー希望価格 2,310円(税込)

年に一度のイムタ価格 1,780円(税込)

ドラム式洗濯機用 メーカー希望価格 1,760円(税込)

年に一度のイムタ価格 1,380円(税込)


タテ型用も、ドラム用も、
6月1日〜在庫限りの数量限定セールです😊👍